ASPAC御礼


公益社団法人 山形青年会議所
第57第理事長 野口雅弘

 この度、香港の地で開催されました、2012年度JCI  ASPAC(国際青年会議所 アジア太平洋エリア会議)で総会において、2014年度の開催候補地として立候補させていただき可決承認を頂戴いたしました。これも偏に常日頃の皆様のご支援の賜物と山形青年会議所メンバーを代表しまして、厚く御礼申し上げます。

 JCI アジア太平洋エリアにおける会議招致決定の瞬間にご同席いただいた、山形県知事 吉村美栄子様、 山形市長 市川昭男様をはじめ関係各位の皆様、山形JCシニアクラブの皆様による私たち山形青年会議所の活動にご理解とご支援を賜りましたことに改めて感謝申し上げます。2010年のサマーコンファレンス横浜における、日本青年会議所理事会国内招致決定から約2年。日本青年会議所の歴代役員の皆様をはじめメンバーの皆様、東北地区協議会のメンバーの皆様、山形ブロック協議会のメンバーの皆様、そして全国各地のメンバーの皆様のこころ温まるご支援を頂きました。さらには国際青年会議所の役員をはじめスタッフ・メンバーの皆様、そしてアジア太平洋エリアの各国の青年会議所の皆様からもご支援を賜りありがとうございました。この場をお借りして感謝申し上げます。

 招致決定を受け、今、強く決意することは、昨年3月に発生しました東日本大震災より、私たちは東北の復興の一役を担い、誇りある日本、元気な日本の象徴として、この山形の国際的なまちづくり事業を展開し、誇りと活気に満ち溢れたまちづくりに繋がるASPAC山形大会を開催したいとの想いです。この想いをしっかりと胸に刻み、先輩諸兄から引き継いだ襷を手に確かな一歩を踏み出したいと思います。

 以上、ご報告とさせていただきます。本当に皆様のご支援ありがとうございました。




2014 ASPAC山形大会
実行委員長 齋藤秀和

 6月10日(日)JCI ASPAC香港大会の総会?において2014年のASPAC山形大会が正式に承認されました。

 これまで行ってきた招致活動に深いご理解とあたたかいご支援を賜りました山形青年会議所シニアメンバーの皆様、東北地区をはじめとする全国各地の青年会議所の皆様、そして関係各位の皆様に心より感謝を申し上げます。最終プレゼンテーションは、山形を代表する花笠太鼓の勇壮な響きと共に山形JCメンバーによる花笠ダンスで幕を開けました。山形の観光名所や歴史に裏打ちされた伝統文化・山形名物の食べ物の紹介、そして山形青年会議所の活動等をPR映像として見ていただいた後に日本青年会議所会頭 井川直樹君、山形県知事 吉村美栄子様、 山形市長 市川昭男様よりスピーチを賜り、会場内のアジアのJCIメンバーに山形の素晴らしさを広くPRして頂きました。また、日本JC役員の皆様、東北地区メンバー、山形ブロックメンバー、そして山形JCシニアの皆様にはステージに乗り切れないほど多くの方々にご支援頂きましたことに改めまして御礼申し上げます。

 私たち山形青年会議所は、ご支援いただきました皆様のご期待に応えられるよう日本の代表として2014年のASPAC山形大会の開催までメンバー一丸となって一層の精進をして参ります。そして、アジア・太平洋地域の多くのJCIメンバーに『山形』を広く知っていただくと共に、ASPACに参加したメンバー同士が『Positive Changeを創造できるような大会が開催出来るよう目指していきます。そのことによりJCIとアジア・太平洋地域へ貢献ができればと思っています。そしてさらに、昨年の大震災時に賜った海外からのご支援に感謝の気持ちを忘れず、メンバー全員がおもてなしの心と満面の笑顔でお迎えすることで東日本、東北の復興の証(シンボル)となると信じております。

 2014年のJCI ASPAC山形大会の開催まで引き続きのご支援とご指導をお願い申し上げ、御礼のご挨拶とさせていただきます。




総会?にて、プレゼンテーションの始まりです。




総会?にて「2014 JCI ASPAC YAMAGATA」開催の審議です。




井川会頭のスピーチです。




山形JC理事長 野口雅弘君よりスピーチです。




山形県知事 吉村美栄子様からもご参加いただきました。




山形市長 市川昭男様もプレゼンテーションに駆けつけて下さいました。




実行委員長 齋藤秀和からのプレゼンテーションです。




「2014 JCI ASPAC YAMAGATA」の審議可決の瞬間です。




「2014 JCI ASPAC YAMAGATA」が決定しました!



プリンタ出力用画面